主婦の休業損害

トップページ > 治療の継続

休業損害以外の賠償項目 治療の継続

交通事故の賠償実務において、
休業損害の問題と似た問題として治療の継続の問題があります。

休業損害については、
「いつまで補償してもらえるか」が常に問題となりますが、
治療の継続についても
「いつまで保険会社に治療費を負担してもらえるか」という問題が常に付いて回ります。


むち打ちなどの軽傷事案では、
3ヶ月程度から治療の打ち切り攻勢が開始されることがあり、
6ヶ月程度を目途に打ち切られることになるケースが大多数を占めることでしょう。

しかし、保険会社の説明するような
症状固定の状態に本当に至っているケースというのは決して多くはなく、
大半のケースでは、治療効果が見込めなくなってきたというよりは、
むしろ積極的な治療を医師がしてくれていなかったり、
難治性のむち打ちにおいてはそもそもの原因特定があいまいで、
「気のせいなんじゃないの?」的な扱いをされているケースも決して稀ではありません。

本来、症状固定の状態というのは、
原因特定が正しく行われ、その原因に対する適切な処置を行い、
それでも今後の治療継続においても本質的な改善が見込めなくなってきた状態、
そういう状態を指すものですから、
原因特定が正しく行われていなければ、まずは正確な原因特定が第一で、
治療の手段も尽くしていないようなら、まずは治療努力を尽くすことが求められます。


とは言え、原因特定や治療努力については、
患者にその気がなく、効果のない治療をただダラダラと続けているだけなのであれば、
原因特定があいまいなことや治療努力を付くいていないことの
責任が加害者側にあるわけではありません。

それらの努力義務はむしろ被害者に課せられた義務ですから、
そういったことを希望するのであれば自ら積極的に動く必要があります。
主治医が頼りないのであれば、頼りになる医師を頼るのは患者の選択ですし、
頼りになる医師を探せないなら、その支援先を確保することも患者の選択です。

それらを「主治医が頼りない」、「保険会社が手配してくれない」と愚痴ってところで、
それは自分で行動すれば良いことですから、
その行動をしない限り正当な賠償は受けられません。


むち打ちというのは医学的には原因特定は極めて難解な部類に入ります。

むち打ちの症状の原因を明確に突き止めることの出来るスキルを有する医師は、
残念ながら全国的にみてもほとんど皆無に近いです。

むち打ちの原因の「一つ」を正しく診断できる医師なら希少ながらもいることはいますが、
その原因は人それぞれで、その全ての原因に精通した医師というのはまずいません。
医師という職業は専門性を極めるか、広く色んな傷病に対応できるか、
そのいずれかのタイプに分かれますが、むち打ちの症状は多彩で専門性が高く、
「広く深く」扱う医師というのはいないのです。
「狭く深く」か「広く浅く」のいずれかのタイプの医師しかいませんから、
医師を受診する前の「この症例ではどの医師を頼れば良いか」という自己判断が極めて重要になります。

この部分においては、よほど正しく原因特定を受けているということでない限り、
専門家の支援なしには権利の実現が難しいと言って良いでしょう。


当方は、むち打ち被害者の支援を重点的に行っている実績から、
むち打ちの各種症例、各種病態に精通しています。
当方は医師ではありませんので、もちろん診断は出来ません。
「どのタイプの医師を頼れば良いか」のみに精通するだけですので、
医師のように現実の患者を診察するスキルを身に付ける必要がありませんから、
その部分だけで言えば「広く深く」精通しています。

そのため、症状固定の状態だから治療費負担は打ち切ると
保険会社から宣告された相談者に対して、
的確な原因特定と、適切な処置を受けられるよう誘導することで、
「まだ通院が必要である」との結論を導き出し、
保険会社負担での治療の継続を実現させた事例が数多くあります。

専門家の多くは、症状固定に一旦応じて、
その後は自費負担にて原因特定を突き詰める手法の支援をする事務所が大半かと思いますが、
特に経済的余裕のない相談者にとって、この進め方には経済的に大きな障害となります。
そのため当方では
極力保険会社による治療費負担の範囲において必要な診療行為が受けられることに
重きを置いて支援をしています。


主婦の休業損害トップページへ


【PR】 交通事故示談 交通事故情報 むち打ち被害者救済 交通事故紛争処理センター 弁護士費用特約 リンク 【PR】