主婦の休業損害

トップページ > 後遺障害

休業損害以外の賠償項目 後遺障害

事故によって怪我をされられた場合、その治療費は加害者側が負担すべきものです。
ですがいくら治療を続けても治らないケースもあります。
そのようなケースで治るまでいつまでも治療費を負担してもらうのは現実的ではありませんし、
治療費だけならともかく、慰謝料等の損害については、
どこかで区切りをつけて賠償してもらわないことには、
被害者としても賠償問題がいつまでも片付かずに心休まることがありません。

ですから、治療による症状の改善がもうあまり見込めないようになった段階で、
以降の補償については後遺障害に対する補償として切り替えて扱うことになります。


後遺障害に対する補償は、後遺障害慰謝料逸失利益の2項目によって構成されます。


主婦の休業損害トップページへ


【PR】 交通事故示談 交通事故情報 むち打ち被害者救済 交通事故紛争処理センター 弁護士費用特約 リンク 【PR】